東彼杵郡波佐見町のはいき歯科医院
ブログ

歯周病

歯周病とは?

歯周病とは歯を支える組織が細菌により破壊される病気です。

ある程度以上の細菌がいないと発症しないので、細菌の住み家そのものである歯垢がなければ歯周病は起こりません。この細菌は、食中毒のサルモネラ菌などとは違い、誰のお口の中にも存在する細菌ですから、誰でもが感染する可能性があります。

歯と歯ぐきの境目に歯垢が蓄積すると、歯垢の中の細菌が原因で歯肉に炎症という戦いが始まります。

この炎症により歯肉が赤く、出血しやすくなり腫れてきます。
これが歯肉炎といわれる状態です。そしてこの状態が続くと歯と歯肉の間にすきま(ポケット)ができるので、さらに細菌が住みつきやすくなります。

この細菌は空気を嫌う菌で、そこからもっと奥へ奥へと歯と歯肉の接着部分を壊し歯の根に沿ってもぐりこもうとします。こうして歯ぐきの内側の骨にまで炎症が及んだ状態が歯周病です。

歯周病のセルフチェック

歯周病は体の健康に悪影響を及ぼす恐い病気です。
ここで、あなたのお口の健康度をチェックしてお口のセルフケアから考えてみましょう。

  • 歯ぐきが赤く腫れていて引き締まらない。
  • 歯を磨くと時々歯ぐきから血が出る。
  • 口臭があるかもしれないと気になるときがある
  • 朝起きたとき、口の中がネバつく感じがある。
  • 歯茎が赤く、腫れたり痛むときがある。
  • 食べ物が歯と歯の間に物がよくはさまり易くなった。
  • 硬いものを噛むと痛い。
  • 冷たい水を飲むと歯がしみて痛い。
  • 歯がぐらぐらと揺れる感じがする。
  • 歯茎を押さえると膿が出るときがある 。
  • 根っこが露出して歯が長くなったように見える。
  • 前歯が前方に出てきて出っ歯になった。
  • 歯がグラグラする。
  • 何度か歯茎が腫れたことがある。
  • 歯が浮いた感じになる。 

また、次のような方には、歯周病が起こりやすいことが知られています。初期の段階ではなかなか自分自身で気がつくような症状は出てきません。以上のような症状があったら、歯周病の可能性があります。歯科医院で検査を受けることをおススメします。

・ 45歳以上の方
・ 喫煙者
・ 妊娠中
・ 糖尿病にかかっている方
・ 親が歯周病で歯を失っている

これらにあてはまる方は、歯周病のリスクが高いといわれています。

PAGETOP