東彼杵郡波佐見町のはいき歯科医院
ブログ

PMTC

PMTCってどんなこと?

予防の先進国スウェーデンで30年ほど前から始まり、歯科医師または歯科衛生士による機械を用いた歯の徹底的な清掃のことです。
Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、現在は広く世界の国々で行われています。

予防歯科のプロフェッショナル

ただ単に歯ブラシの代わりに機械を使って掃除するというものではなく、歯ブラシでは落としにくいバイオフィルムという歯にくっついた膜を柔らかいゴムのチップなどを用いて剥がし取り、予防歯科のプロフェッショナルがあなた歯を隅々までクリーニングします。

PMTCで痛みを感じることは無く、気持ちよくて眠ってしまう方も居られるぐらいです。終了後は、歯の表面がつるつるになってお口の中がさっぱりします。

むし歯菌や歯周病菌などの悪玉菌減らし、お口の中に善玉菌を増やしてしまおうというものです。

歯科医院でのPMTCと自宅での普段のブラッシングにより、次の定期健診のクリーニングの日までお口の菌のバランスを良好な状態に保つことができます。

PMTCの前と後

PMTCの効果って?

PMTCの効果って?

PMTCを定期的に受けると、虫歯予防や歯周病予防だけでなく詰め物やかぶせものも長持ちします。

北欧やアメリカなどPMTCを数十年前から取り入れてきた予防歯科の先進国では、多くの高齢者が入れ歯に頼らず自分の歯でおいしく食べており、PMTCが歯の健康を保つのに効果的であることが実証されています。

定期健診で行うPMTCは、歯や歯ぐきが痛い・調子が悪いとかの困りごとが全然無い方達も受けていただいて、普段の歯磨きで落とせない磨き残しやバイオフィルムを徹底して破壊し、除去することが最大の目的です。

歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方

店頭で歯ブラシコーナーの前であまりの種類の多さにどれにしようか迷ったことはありませんか?どれも魅力的なキャッチコピーがついていますよね。

正しく歯を磨くには、適切な歯ブラシを選ぶことはとても重要です。

歯ブラシ

ぜひ、あなたに合った歯ブラシを見つけましょう。

1. 歯ブラシの硬さ

歯ブラシの硬さは、硬いほどプラークを落とす力が強いのです。しかし、ブラッシング圧の強い方が「硬め」の歯ブラシで磨くと、歯肉を傷つけ、さらに歯まですり減らしてしまうのです。ですから、「硬め」の歯ブラシは、磨く力の弱い、女性やお年寄りにおすすめです。
また歯周病で歯茎が腫れていたり、出血しやすい方は歯肉を傷つけにくい「柔らかめ」の歯ブラシでじっくり丁寧に磨くのにおすすめです。その場合も症状が良くなったら、「普通」の歯ブラシを使うようにしましょう。一般的には「普通」の硬さを選ぶのがいいですね。

2. 歯ブラシの大きさ

歯ブラシの毛が植わっているところをヘッドといいます。そのヘッドが小さめのものがいいでしょう。目安としては、親指の幅程度のものがおすすめです。歯ブラシのヘッドが大きいと、歯と歯茎の境目や、歯と歯の間の細かい箇所にきちんと歯ブラシの毛先が当たりません。ブラッシングで大切なのは、お口の中の、プラークをきちんと落とすこと。
そのために、細かい箇所(汚れが溜まりやすいところ)に毛先をしっかりあてて、振動させて磨くには、小さめのヘッドのほうがいいでしょう。

3.歯ブラシの交換時期

まず歯ブラシの毛先の状態を確認しましょう。毛が柄からはみ出していたり、広がっていたら交換時期です。また、歯ブラシは消耗品ですので、何も問題が無いように見える歯ブラシも定期的に交換が必要です。目安は一ヶ月に1本、長くても三ヶ月に一度は取り替えましょう。歯ブラシの毛先に弾力がなくなったものを使うと、上手く汚れを取り除けないばかりか、歯茎を傷つける可能性もあります。

それでは本来の歯ブラシの目的が果たせませんね。また、毎日歯ブラシを使用していると、目に見えない汚れや雑菌が毛に付着します。衛生状態も悪くなります。
毎日の歯ブラシの消毒は必要ありませんが、歯を磨いた後、流水下でよく洗い、乾燥させて保管しましょう。

PAGETOP