東彼杵郡波佐見町のはいき歯科医院
ブログ

最前線

標準的な成人歯科健診プログラム・保健指導プログラムの紹介

標準的な成人歯科健診プログラム・保健指導プログラムの紹介現在の歯科検診は妊婦、乳幼児、小学校から高等学校、成人などそれぞれのライフステージ別に行われています。
その内容は、歯や口の病気の発見や早期治療のための治療勧告が主なものです。

その中で、成人期の歯科健診は必ずしもそのニーズに沿ったものではないようです。
むし歯や歯周病は、その人の日常の保健行動に強く関連するものであり、病気のリスクを早期に発見し、そのリスクへの対処としての保健指導や健康教育を包括したプログラムが必要です。

そこで、
日本歯科医師会は、病気にかかる前の予防対策として、「標準的な成人歯科健診プログラム・保健指導プログラム」を作成し、日本歯科医師会ホームページに公表しました。

このプログラムの大きな特徴は、必ずしも歯科医師がお口の中を診察しなくても、質問紙(20問)の回答からおおよその病気のかかりやすさを判定し、その上で保健指導を受けていただき、病気の予防に役立てていただくという点です。

保健指導を受ける前のステップまではどなたも利用可能で、気軽に、試していただければと思います。

利用の仕方を下記に説明します。

まず、プログラムのダウンロードから…。

  1. 日本歯科医師会のホームページにアクセス。
  2. ページ右端の「標準的な成人歯科健診プログラム・保健指導マニュアル」をクリックする。
  3. プログラムPC版を選び、ご自身のメールアドレス、自治体名/事業所名、お名前を入力して「送信」ボタンをクリックする。
  4. プログラムダウンロード画面の「プログラムPC版(958KB/exeファイル)」をクリックすると、ファイルを実行または保存しますか」と表示されるので、デスクトップ上に保存します。

続いてプログラムの使用方法です。

  1. デスクトップのファイル開けて成人歯科検診・保健指導プログラムExcelワークシートをクリック
    し、「マクロを有効にする(E)」に設定
  2. メニュー画面が表示されたら自分のデータ(受診者属性)を操作概要に沿って入力し、「質問表(初回)」を表示
  3. 質問表にクイック入力で20問すべてに回答したあと、「判定集計」をクリックすれば自動的に「口腔保健 質問紙調査結果(初回)」が表示され、おもに歯の健康状態や保健指導などの指針を自動的に判断・分析 し結果を見ることが出来る

回答結果画面の見方

結果表示では、あなたの歯の健康力としてチャート上に太枠の四角線が示され、
赤や黄色にかかっている部分があれば、その部分に問題点があることになります。

その下段には「歯の健康力が4つの要素別に表示され、具体的な問題点も示されるため、現状の問題点を一目で理解できるようになっています。

つまり、歯の健康力判定結果として、

1)口腔機能・困りごと・QOL(生活の質)
2)自覚症状
3)日常の行動
4)周囲の環境

を色分けして要素別リスクを表し、その右に口腔保健質問紙調査表の質問に対応して個々のリスク 項目を色分けします。

3段目にはアンケートから見た「あなたの歯の健康力」として、要素別に具体的なアドバイスが表示されます。

以上が健診部分で、皆さんにはぜひここまでの内容を体験して欲しいと思います。

最近の調査によれば35歳以上の人は、約80パーセントが歯周病にかかっているといわれています。
この成人歯科健診プログラム・保健指導プログラムを利用し、国民病といわれる歯周病の罹患率を何とか減らしたいものです。

むし歯菌、歯周病菌を99%殺菌…東北大大学院チーム開発

2010年12月9日 読売新聞に以下の記事が掲載されていましたのでご紹介します。すでに読まれた方もいらっしゃるかもしれませんね。

虫歯や歯周病などの原因菌をほぼ死滅させられる新たな殺菌法を、東北大大学院歯学研究科の菅野太郎助教らのチームが開発した。

治療機器の開発も進められ、画期的な治療法が数年以内に実用化できるとの期待が高まっている。論文は米国の代表的な薬学雑誌12月号に掲載された。

菅野助教らは、虫歯菌や歯周病菌など4種類の口腔(こうくう)内細菌と過酸化水素の水溶液に、目に見える波長のレーザー光を照射。強い殺菌作用のある物質「活性酸素」の一種を発生させ、3分以内に99・99%以上の菌を死滅させたという。人体への影響はないとみられ、治療が難しい歯周病の奥深い病巣を殺菌することなどへの応用が期待される。

研究チームは、精密機械製造「リコー光学」(岩手県)などと、過酸化水素水とレーザー光を同時に出す歯周病用の治療機器の開発を進めている。今年度中には動物実験を終え、2011年度以降に臨床研究に入る予定だ。

菅野助教は「3年後の製品化を目指したい」と話している。

実現すれば、
むし歯や歯周病で悩んでいる方はもちろん、治療させてもらう方にとっても朗報です。
治療や予防システムが画期的に変わるでしょう。
今後も注目していきたいと思います。

また、これは当院でも実施しているMIホワイトニングと同じやり方のようです。
過酸化水素水を調合したホワイトニング剤が歯肉に付着しても大丈夫で、ホワイトニング終了後は歯肉にはり、つやが出てきています。

歯はホワイトニングで白くなり、歯ぐきにも効果があるMIホワイトニングはすばらしいです。お勧めです。みなさんも歯と歯ぐきギリギリまでホワイトニングできる、MIホワイトニングを試してみませんか?

 

8月の研修会参加や院内活動等の紹介

暑い8月にもかかわらず下記の内容でやや多忙でした。

8月 7日(金)第4回イエテボリ方式歯周病研修会参加
8月10日(月)波佐見南小夏休み自由研究お手伝い
8月12日(水)アメリカテネシ-州の歯科医院見学
8月17日(月)子育てママの矯正相談
8月23日(日)松風歯科クラブ講演会参加(福岡)
8月30日(日)ムーシルド研修会参加(福岡)

(さらに…)

子育てママのの歯並び相談

抜かない歯医者さんの矯正の話

今日は小学3年生(女の子)のお母さんから、歯並びについての相談を受けました。
「下前歯4本が乳歯から永久歯に生え変わっています。そのうち1本は列からはみ出て内側にずれて並んでいますが、そまま様子を見ていて大丈夫でしょうか?」とのことでした。

歯並びのカラー写真や、上下の歯型、レントゲン写真などの資料を元に検討した上で、食事時の様子を伺いました。やはり歯が並びきれないのは、下あごの発育不足が原因のようです。このまま様子を見ていても乱ぐい歯(ガタガタな歯並び)になることや、将来犬歯が生え変わると八重歯になりそうな見通しをお話しました。これは、あごを適正に広げながら歯並びを育成する、床矯正が得意の分野です。

今後の対策などについて、十分な情報提供と説明をさせていただいたところ、安心されたようです。
自分が虫歯や歯並びで苦労をしたので、大切な自分の子どもにはそういう思いをさせたくないと言われていました。

当医院では、歯並びや虫歯の無料相談を行っていますので、お悩みの方はぜひご利用ください。
パンフレットをお渡ししたり、「抜かない歯医者さんの矯正の話」の本の貸し出しもしています。ご希望の方は受付まで連絡をどうぞ。

イエテボリ方式歯周病研修会

7月9日(金)20:00~22:00イエテボリ方式歯周病研修会

大村市内の歯周病専門歯科医院で3回目の研修会がありました。歯科衛生士が対象です。当院でも昨年までに2名のスタッフがお世話になっていましたが、私はまだ参加していませんでした。

周病専門の歯科医院で研修を受ける機会はそうざらにあるわけではありません。

オブザーバーとしての参加ですが、貴重な機会なので最後まで出席したいと考えています。

仕事が終わってからの研修で疲れているにもかかわらず、講師の先生をはじめ参加されている各医院のスタッフの皆さんの真剣な様子を見て、自己研鑽が大切なことを再認識しました。

今回は歯周病の原因を取り除く器具の研ぎ方、歯肉や歯石の特徴を考慮した器具操作の実習を中心とした内容でしたが、症例説明もあり自分の知識の整理や再確認、見直しが必要なことをを痛感したしだいです。

院内更新情報

6月20~21日九州デンタルショー

デンタルショー

毎年のこの時期、福岡のマリンメッセではデンタルショーが土・日の2日間開催されますが、今年は日曜日に参加しました。

新しい治療台やレントゲン装置などの大物から、フッ素入りの予防関連の商品まで数多くの商品が展示してあり、すべてのブースを細かく見学するのは困難なので、興味のあるところだけいくつか絞って見学やデモに参加。

各社の説明を詳しく訊いていると欲しくなりそうでしたが、とりあえずパンフレットだけは山のようにいただいて帰りました。

マイクロスコープ(拡大鏡)は欲しいですが、今しばらくはルーペで我慢しようと思います。

PAGETOP