歯周病治療方法

歯科における2大疾患といえば、「虫歯」と「歯周病」。これは現在の歯科医療においては、細菌による感染症であるという結論になっています。

そして、治療方法では研究者や臨床家によって見解の相違が多々ありますが、基本的には一生懸命の歯みがきと歯石除去で歯の周りを清潔にし、歯周組織の回復を待つという方法になります。それは歯科医師が特殊な技術を持ち、患者さんも歯磨きがうまくできるという厳しい条件下でないと、良い結果が生まれにくいのです。

この基本的治療をしてもなかなか歯肉の炎症が改善されず、歯ぐきの腫れや出血・口臭で悩まされ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実なのです。

最近では、歯周病の原因菌を位相差顕微鏡で特定し薬でその菌を退治、その後に歯石を取る方法も行われるようになって来ました。
この治療は21世紀に入ってから行われており、「顕微鏡を使った歯周内科治療」といわれています。

医科において一般的な感染症は風邪です。風邪であれば医師の指示に従ってきちんと薬を飲めば、ほとんどの場合治ってしまいます。
歯周病も同じように治ることが分かってきました。

 

歯周内科治療の治療方法
この治療方法には4つの大きなポイントがあります。
1. 位相差顕微鏡での菌の確認
2. 細菌の除去薬剤の内服
3. カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
4. 除菌後の歯石とり

特に 1. は、非常に大きなポイントです。位相差顕微鏡でお口の中の菌を確認しなくてはなりません。歯周病菌がいるのか、カビ菌が多いのか、あるいは非常にきれいなのか。位相差顕微鏡で歯周病菌の有無を確認しないと、薬を使用するかどうか選択はできません。

before-trt2.JPG初診時・治療開始日
歯ぐきの痛み、出血、腫れがみられます。

 あと.jpg治療開始3週間後
腫れもなくなり、歯ぐきの色もきれいなピンク色になりました。


国際歯周内科学研究会監修 [顕微鏡検査のススメ」より引用

1週間後の自覚症状の変化(患者様1000人アンケート)
自覚症状の強い方ほど1週間後の変化を大きく実感します。

【歯ぐきからの出血】
有効率80% 著明に改善60% 改善25%
【口臭】
有効率90% 著明に改善55% 改善35%
【朝起きたときのネバつき】
有効率85% 著明に改善55% 改善30%
【歯ぐきからの膿】
有効率88% 著明に改善76% 改善12%

● たった1週間で他にも、、、
・ 咬み合わせの痛み改善             79%
・ 歯ぐきの腫れ改善                  77%
・ 歯のグラグラ改善                  66%
・ 歯のしみる感じ改善                  65%


 

次の記事

歯周病治療が終わったら