歯周病になってしまったら

歯周病と診断されたら

歯周病もほかの病気と同じように、軽症なら比較的簡単に治ります。自覚症状のない軽症のうちに歯ぐきの検査を受け、お口の状態を把握した上で効果的な歯磨き方法を身につけるべきです。

予防して悪くしないことが歯を長持ちさせる最良の方法なのです。不幸にして歯周ポケットが深くなり重症化してしまうと治療も困難で、治りにくくなります。歯周病は自覚症状のないまま静かに進行するので、歯がぐらつき、歯ぐきの腫れ、呟むと痛みを感じるなどの症状が出たら、黄色信号というより赤信号に近くなります。効果的な歯磨きだけでは対応できなくなり、専門的な知識と技術を持った歯科医師、歯科衛生士の手助けが必要です。

歯周病の基本的な治療方法としては、まず、お口の中を清潔にできるような効果的な歯磨きをマスターしていただきながら、ポケット内の歯石を徹底的に取り歯周組織の回復を待つということになります。

歯周病診断書

当院では上のようなイラストつきで解りやすい歯周病診断書を治療前、治療後、定期健診時など必要に応じて発行し説明の上お渡ししています。

次の記事

歯周病の診断は?